瀬戸内の港町・鞆の浦に佇む歴史的商家を再生した「潮待ちホテル」。 暮らすように泊まり、まちの物語を楽しむ旅を。

まちの物語を楽しむホテル

TOMONOURA IMAGE MOVIE

日本最古の港町の文化と暮らしに溶け込み、
地域らしさに触れる。
新たな出会いと触れ合い。学びと発見。
静かに流れる時間に身を委ね、
心豊かになれる新しい旅を。

日本で最も癒される港町とも称される鞆の浦は、古くは万葉集の大伴旅人の歌にも詠まれ、中世・近世には瀬戸内海の中心の潮待ち港・海運の要衝として位置付けられていました。瀬戸内海は日本経済を支える大動脈であり、鞆を含む沿岸の港町は物流・交流、そして朝鮮・中国からの使節団の寄港地としても利用され繁栄してきたのです。

往時からそのまま残る貴重な町並みが評価され、2017年には国の「重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)」に認定され、2018年には、港町としての歴史・文化・暮らしをテーマとしたストーリーが、文化庁により「日本遺産」に認定されました。

築100年以上、明治前期から後期に建てられた鞆を代表する商家(元・櫓屋)は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」の中に位置し、往時には和船の漕具造りを生業としていました。潮待ちの港町に欠かせない生業も時代とともにその役割を終えて静かに幕を下ろした後は、歴史的空間を活かした食事処「潮待ち茶屋 元櫓屋跡」として地域の人々にとっての憩いと交流の場として親しまれ、たくさんの想いや美しい物語を紡いできました。

歴史と文化、物語のつまったこの伝統建築を再生し、100年先も愛されるように。
昔も今もそして未来も変わらず、人と文化が交わる港町・鞆の浦であるように。
今回の潮待ちホテルプロジェクトはそういった想いからスタートしました。

ここでしか味わえない体験と時間。静けさの中で時空を超えて過去とつながる感覚。古の時代から残る風景や丁寧な暮らし、音や香りに心癒されます。まるで鞆のまちに溶け込み、居心地の良いもう一つの我が家のように。

地域の本質的な魅力を知る旅の形(オーセンティックジャーニー)の拠点として重視した、伝統の中にある革新性と現代の生活に適応した機能性。海水に浸され今も耐久性を保つ太い梁、時を超え深みを感じる土壁や柱・建具、重厚かつ伝統的な空間を生かしながら、現代の暮らしに合わせてアップデートしました。

一歩外に踏み出し数十メートル進めば、江戸期の港湾施設(常夜灯(じょうやとう)雁木(がんぎ)船番所(ふなばんしょ)焚場(たでば)波止(はと))が当時のまま残る「鞆港」が目の前に姿を現し、豊かな自然景観と波穏やかな瀬戸内の風景・長閑な風趣を感じ、鞆の静かな日常と丁寧な暮らしの中に溶け込むことができます。

「鞆の浦潮待ちホテル櫓屋」Tomonoura Shiomachi HOTEL –ROYA-

鞆のシンボル常夜灯の優しい光のように、過去とつながり未来を照らしていきたい。
この土地に残る歴史や文化・暮らしや日常に深い敬意と感謝の心を持ち、その魅力を伝えながら、潮待ちホテルプロジェクトはまだまだ続いていきます。

客室タイプは2種類。
1日4組限定の潮待ちホテル。
それぞれに特色がある多彩な空間。

AWA [101] イメージ

専有の坪庭と檜の半露天風呂を備えた
1階客室

和室 + ベッドルーム + 専有坪庭 + 檜の半露天風呂

AWA [101]

定員
4名
客室
43.22㎡

UZU [102]

定員
4名
客室
43.86㎡
SAI [201] イメージ

高機能バス楽湯 RAKU-YU-を備えた2階客室

リビングベッドルーム + ユニットバス

SAI [201]

定員
2名
客室
32.92㎡

TOKI [202]

定員
2名
客室
32.90㎡

SAI [201] + TOKI [202] は『コネクティングルーム』(コネクティングドアあり)として最大4名様までご利用いただけます。

AWA [101] + SAI [201] は『メゾネットルーム』(内階段あり)として最大6名様までご利用いただけます。

1階客室(AWA [101]・UZU [102])は小学生以上のお客様、2階客室(SAI [201]・TOKI [202])は中学生以上のお客様にご利用いただけます。

  • ※ご希望により一棟貸しにも対応可能です。詳しくはお問い合わせくださいませ。

「軽食と贅沢な酒香 Cafe & Bar」

鞆の浦の名物の鯛を使用した特製「鯛バーガー」など軽食やこだわりのコーヒーやオリジナルドリンクをご提供。
時を忘れて寛ぐことができるバーではオリジナルカクテルやワインなどをお愉しみいただけます。

鞆の浦温泉・湯巡りさんぽ

ご宿泊のお客様には、
姉妹館「鴎風亭」並びに「景勝館漣亭」の
“湯巡り特典”をご利用いただけます。
(追加料金不要)

鴎風亭の瀬戸内の多島美臨む絶景屋上露天風呂やゆったりとした造りの大浴場、景勝館の檜樽風呂や舟形風呂など
ユニークで多彩な鞆の浦温泉をお楽しみいただけます。

鴎風亭 3F 露天風呂
鴎風亭 3F 湯上がり処
鴎風亭 3F 大浴場
(内風呂)
景勝館漣亭6F 大浴場
景勝館漣亭6F 露天風呂
景勝館漣亭6F
湯上がり処
ご利用時間 15:00~23:00 
※入浴は23:00まで。
ご利用について ご利用時間内に鴎風亭もしくは景勝館へ直接ご来館いただき、フロントにて湯めぐり来館の旨をお申し付けくださいませ。

潮待ちホテル 櫓屋お勧めの、
鞆の浦「訪問記」

※※櫓屋本サイト公開時には、より充実した鞆の浦のスポットをご紹介するため取材、掲載の準備を進めております。ご期待ください。

桝屋清右衛門宅

桝屋清右衛門(ますやせいえもんたく)は「いろは丸事件」の際に海援隊を支援し、宿舎を提供しました。龍馬は階段のない2階の隠れ部屋に寝泊まりしたと伝えられており、暗殺の危機もかえりみず談判にのぞんだ覚悟がしのばれます。現在建物は、龍馬と鞆の関わりを紹介した展示やギャラリーとして活用されています。龍馬の隠れ部屋は観覧が可能。

いろは丸展示館

1867年、鞆の沖で沈んだいろは丸のジオラマ展示の他、龍馬の隠れ部屋の再現や、引き揚げ物も展示もあり、龍馬ファン必見のスポットです。

いろは丸事件談判跡

日本初の海難審判と言われる「いろは丸賠償交渉」がここで行われました。

常夜燈

灯篭燈(とうろどう)と呼ばれる船の出入りを誘導する江戸時代の灯台。海中の基礎の上から宝珠まで11mあり、港の常夜灯としては日本一の高さを誇る、鞆の浦のシンボルで、ほとんどの観光客が訪れる、人気スポットです。

波止場よりの風景

波止場から見た鞆港。小さな漁船の往来が、鞆の浦の情緒を感じさせてくれます。鞆の浦に訪れた際には散歩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょう。

太田家住宅

元は保命酒の蔵元「中村家」の屋敷で、明治時代に太田家の所有になりました。瀬戸内海の近世商家建築を代表するもので、1991年には国の重要文化財にも指定されており、映画のロケ地としてもしばしば使われています。幕末には、勤皇孃夷の三条実美ら京都を追われた七卿落の際の宿泊場所としても知られています。

龍馬宿泊所跡

江戸時代の回船問屋・桝屋清右衛門宅。いろは丸事件のとき、坂本龍馬たち土佐海援隊を支援し、宿舎として提供していた場所。残念ながら、内部は非公開です。

季節料理 衣笠

鞆の浦で獲れた海の幸や旬の野菜を使った季節料理をいただくことができます。鯛の料理のバリエーションも豊富。さらに瀬戸内の味覚だけではなく北海道や鳥取など、全国の海から旬の食材を仕入れ丁寧に調理、地元の人たちに愛される和食料亭です。

みなと夢ごこち

蔵を改装して作られた白壁が特徴的な外観と、和テイストの落ち着いた雰囲気の店内。昼はこだわりのうどんを提供、夜はいわゆる「おばんざい的」な夕食を楽しむことができます(お一人様 5,000円~)。
※夜は3日前までの予約制

ミルグラシアス

本場スペイン料理と本格スペインワインが堪能できるスペインバル。お酒はワインだけでなく ”とりあえずのビール” もあります。料理は小皿料理が中心。

鞆の浦 a Cafe

鞆の浦のシンボル・常夜燈のすぐそばに、鞆の港を望むようにして佇む、おしゃれで穏やかな雰囲気のカフェ「鞆の浦 a cafe(@ cafe)」。タコや小エビにあさりと、魚介類が盛りだくさんの本格パスタ。オイルソースとトマトソースから選べます。

鞆町カフェー454

カフェ、バー、イタリアン 鞆町カフェー454。鞆の浦で隠れ家的存在のレストランです。

民芸茶処 深津屋

落ち着いた空間の喫茶店・カフェ。和風珈琲処と好む人も数多くいます。江戸期から代々船具店を営まれている澤村船具店の敷地内にある民芸茶処 深津屋。旅の途中で寄られてみるのもお勧めです。

おてび

郷土料理(その他)、魚介料理・海鮮料理、ラーメンが食べられるお店。魚料理にこだわり、その味はまさに絶品です。

茶房 とうろどう

鞆の浦にゆかりの文学資料館を兼ねた茶房です。

海彦

情報誌とかでも取り上げられている鞆の浦のご当地バーガー『鞆バーガー』です。 土日限定1日30個!ハンバーガーと郷土料理(その他)を召し上がれます。

ROYA NEWS
2019.07.16

先行予約の受付を開始しました。下記URLよりご予約が可能です。
https://rlx.jp/

2019.07.16

潮待ちホテルティザーサイトを公開しました。

ROYA NEWS
2019.07.16

先行予約の受付を開始しました。

2019.07.16

潮待ちホテルティザーサイトを公開しました。

INSTAGRAM

「潮待ちホテルプロジェクト」
設計・建築・デザイン

設計・空間デザイン、総合プロデュース

株式会社ワサビ(設計事務所)

笹岡周平 氏

中学、高校の学生時代を福山で過ごす。歴史建造物再生のプロフェッショナル。

Web site

坪庭デザイン・施工

LANDSCAPE NIWATAN庭譚

橋本善次郎 氏

福山出身。世界的ランドスケープデザイナー。

Web site

ロゴデザイン

株式会社Studio Tokyo West 代表取締役/建築家
株式会社leuk 取締役/クリエイティブディレクター

瀬川翠 氏

東京出身。リノベーションスクール@福山をきっかけに福山にて起業、まちづくりから設計、ブランディングまで、幅広く手がける。

Web site

家具素材提供(ソファやチェアの張地)

カイハラデニム

デニムの一大生産地福山を代表するデニムメーカー

Web site

明治期の伝統建築 元・櫓屋-ROYA-

舞台は明治前期の建築

間口三間半の主屋とその背後に中庭を介して建つ離れとからなる。主屋は二階建、切妻造平入、本瓦葺の標準的規模の町家である。主屋の一階は前半分を広い土間とし、その後方は右側一間半を通り土間とし、左側には部屋二室を一列に並べる。この建物の二階床組は豪快で、桁行方向に三間半を通す太い床梁で支える。桁行方向だけの床梁で二階を支持する手法は、鞆では間口一間半や二間の小型町家でよく見られるものであり、この縦建物ほどの規模の町家では珍しく、新しい試みと評価される。

また、全体に木太く、部材の仕上げもよい。二階正面の外壁は一階より半間後退した位置に設けられており、江戸期の伝統的手法を残す。二階正面の外壁は真壁造とし、中央二間半分を窓として大きく開口し、その左右半間の壁面にも小窓を開く。建築年代は明治後期と推定される。離れは一階建て、切妻造平入、本瓦葺の座敷で、前後に畳敷の部屋二室を並べたものである。建築年代は主屋より古く、明治前期と推定される。

鞆町伝統的建造物群保存地区調査報告書より抜粋